支払わなければならない墓地の管理料とは?

墓地を購入したらそれで後は何もいらないと思いがちですが、霊園や寺院の墓地では管理料が必要になります。

この墓地の管理料とは何なのでしょうか。

必ず支払わなければならないものなのでしょうか。

●管理料とは?

霊園や寺院で墓地を購入すると、管理料が請求されます。

この管理料というのは、霊園や寺院の墓地にある水汲み場やトイレ、休憩所、緑地、園路といった共有スペースの維持、管理や水道代、電気代などの墓地運営にかかる費用のことです。

これらの費用は管理料から賄われます。

お墓の値段はこの費用も組み入れて考えましょう。

●管理料の相場は?

管理料は霊園や寺院によって決められており、全国どこでも同じ値段ではありません。

相場としては、1年あたり数千円から数万円と幅があります。

霊園や寺院の立地によって、墓地の維持に必要な費用が違うために幅があるのです。

また、墓地の広さによっても管理料は違うので、広い墓地を持てば管理料も高くなります。

お墓の値段というと墓石のことばかり考えがちですが、管理料についても注意が必要なのです。

●もし支払わなかったらどうなる?

管理料は墓石が建っていなくても墓地の永代使用を契約した時から支払います。

通常は1年分をまとめて支払うのですが、もし支払いをしなかったらどうなるのでしょう。

ほとんどの霊園、寺院では管理料の未払いが一定期間続くと墓地の使用権が取り消され、墓石も撤去されてしまうことがあります。

このようなことがないように、お墓の継承者が代わった場合の手続き(連絡先の変更や管理費等引き落とし口座の変更)を忘れないようにしましょう。