どうしてお墓の値段はわかりづらいのか

お墓の値段がわかりにくい、一体いくら必要なのか不安になるといった声はよく聞かれます。

小さな墓石なのに高額だったとか、大きな墓石の割に安かったということもあり、わかりにくいですよね。

お墓の値段はなぜわかりにくいのでしょう。

●わかりにくい墓石の値段

お墓の値段の相場を調べてみると、70万円から200万円くらいというように、かなりの幅があります。

これはお墓を建てる場所、墓石の石の種類、他に何か部材をつけるかどうかなどで変わってきます。

土地(墓地)を買って、家(墓石)を建てる感覚と同じと考えればわかりやすいでしょう。

一人一人お墓を建てる人の事情は違うので、その人のニーズに合わせたものを作るため、お墓の値段には価格表というのがないのです。

●墓石だけを買うのではない

石材店の折込チラシを時々見かけることがありますが、そこには「マーガレット型20万円」や「ひまわり型30万円」というようにすでに出来上がった墓石を格安で販売していることがあります。

これなら安いから良いねとすぐに購入する人がいますが、これは少し心配です。

安く購入しても用意した墓地に墓石が収まらないとか、逆に墓石が小さすぎて見栄えが悪くなるといったことがあるのです。

また、安い墓石を買ったとしても、据付工事代やその他部材に費用がかかり、高くなってしまうこともあります。

●お墓の値段はどう決まる?

お墓の値段は墓石の値段だけでなく、永代使用料の相場や墓地を確認し、どんなお墓が建てられるかをよく見極めた上で決めなければいけないのです。

・参考記事:増えるお墓の新形態 家族の負担軽く、生前予約も