膝関節を守るために気をつけること

中高年になると膝に痛みが出ることが多くなります。

変形性膝関節症というものですが、普段の生活で進行を抑えるようにしていくと良いです。

その方法を簡単にご紹介します。

【筋力訓練をしよう】

変形性膝関節症と診断されたら、筋力訓練で進行を食い止めましょう。

安静にしている時は痛みがなく動くと痛いのが特徴なので、動かずにいるという人が多いですがそうすると他の筋肉が弱ってきます。

膝周辺の筋肉が落ちると膝関節は荷重を受けやすくなるので病状が進んでしまいます。

そのためには、平らなところをウォーキングするとか、仰向けになって足を伸ばし、膝を動かさないようにして足首を10cmほど上げる筋トレを行いましょう。

■こちらも参考に=>《URL:http://www.zenshakyo.org/kokorotokarada/yoboutokaizen/youtsu/popup04.html

【ウォーキングがおすすめ】

膝の健康を維持するには、いきなりランニングなどを行うのではなくウォーキングから始めましょう。

その際、クッション性のある靴をはくことが大切です。

それと同時に、食事の時にひざサポートコラーゲンを摂取するようにして、膝の軟骨成分を増やす努力をしましょう。

【激しい運動は避ける】

運動をした方が良いと言われると、激しいスポーツを始めてしまう人がいますがこれでは膝以外のところをケガする可能性があります。

激しい運動は避け、ストレッチでほぐしてからウォーキングというようにすると良いでしょう。

そしてひざサポートコラーゲンを摂取するのも忘れないようにしましょう。

適度に鍛えて、体の内面からは軟骨成分を増やすものを摂るようにしていくことで、変形性膝関節症の進行を遅らせることが可能です。

記事RANKING

MENU


Copyright (C) www.roboriada.org. All Rights Reserved.